車イスのまま乗車できる車両をお貸しします

Google

WWW を検索
moriyama-shakyo.or.jp を検索

 

ボランティアセンター

 

ボランティアについて、いつでもご相談ください

ボランティアについて、いつでもご相談ください
 
ボランティア全般をお受けします
守山市社会福祉協議会では、地域の様々な福祉課題の解決に向けて、多くの事業、活動に取り組んでいます。その一つとして、ボランティア活動を推進するボランティアセンター(社会福祉協議会内)では、ボランティアをしたい人と、してほしい人をつなげる事業を行っています。
・ボランティアをお願いしたい
・ボランティア活動をしたいけど、どうすればいいのかわからい
・ボランティアについて詳しく知りたい
・ボランティアグループを紹介してほしい    登録グループ一覧はこちら 
・ボランティアの啓発や学習のため、ビデオや車いすを借りたい
・ボランティア活動に関する講座や研修会に参加したい
・ボランティア活動を始めるので保険に加入したい  など
 
ボランティアについてのご相談、お問い合わせを受け付けています。
お気軽にご相談ください。
 
 
ゲームコンダクターSHIGAを募集されています
公益財団法人滋賀レイクスターズが、滋賀県委託事業「スポーツボランティア支援事業」のボランティアを募集されています。これは、滋賀県のスポーツ振興を目的に、県内で開催されるスポーツイベントに関わっていただくボランティアを募集されるものです。
登録いただいた方には、特典としてオリジナルのスマホリングや無料研修の提供があります。
現在、登録者数は約370人で、平成31年3月末までに500人の登録を目指しておられます。(登録料:無料)
ご登録をお願いします。
 

いきがい活動ポイント事業のお知らせ

いきがい活動ポイント事業のお知らせ
フォーム
 
いきがい活動ポイントボランティアの施設見学会を開催しました
2016-11-15
 11月4日(金)、いきがい活動ポイント事業として、ボランティアへの参加者を増やし活動の活性化を目指して、高齢者施設や障害者施設の見学会を行ないました。1日で5カ所のボランティア受入指定施設を巡る行程は移動も時間におわれて厳しいものでしたが、参加者のみなさんはさまざまな動機と視点で熱心に見学をし、施設の方の親切な案内のお陰もあり、どのようなボランティアが必要かなどの説明もしっかり聞いてくださったようでした。また、高齢者施設での昼食後には、利用者のお年寄りと一緒にマジックショーを楽しむことができました。
 参加者からは、「自分にもできるボランティア活動がありそう」という感想を直接聞き、ボランティア活動参加へのきっかけになればと期待しています。
 
3月16日 福祉施設ボランティア担当者交流会 開催!
2015-03-17
いきがい活動ポイント福祉施設ボランティア担当者交流会を開催しました。
大阪教育大学 教育学部 新崎国広先生による講義「社会福祉施設等におけるボランティア担当者コーディネーターの役割」を聴いた後、参加者の自己紹介、思いを話し合う、大変有意義な時間となりました。
2
 

平成29年度ボランティア活動保険と行事保険について

平成29年度ボランティア活動保険と行事保険について
 
平成29年度 ボランティア保険変更のご案内
 平成29年度ボランティア保険制度の一部が改正となり、1月16日より受付が開始されました。
   ここ数年来、傷害事故が多発していることから、平成29年度より保険料が引き上げとなり、また、  行事保険にも変更があります。
 
 ボランティア活動保険  
 (平成29年4月1日~平成30年3月31日まで有効)
 
   Aタイプ Bタイプ
基本タイプ 350円 510円
天災タイプ 500円 710円
 
 ボランティア行事保険
 (1)日帰り行事に名簿の備え付けが不要の「Cプラン」の新設
 (2)Aプランの最低加入人数(20名)の加入要件の撤廃
 
*詳しくは、当会ボランティアセンターへお問合せください
 
ボランティア活動保険
 ボランティア活動保険は、日本国内におけるボランティア活動中における事故に対する備えで、活動中または往復途上の事故の補償になります。
 加入対象は、守山市社会福祉協議会およびその構成員・会員ならびに守山市社会福祉協議会が運営するボランティア団体・市民活動センターなどに登録されているボランティア、ボランティア団体です。
 活動対象は、自発的な意思により他人や社会に貢献する無償のボランティア活動です。詳しくは、社会福祉協議会にお問い合せください。
 
ボランティア行事保険
 ボランティア行事保険は、日本国内における地域福祉活動やボランティア活動の一環として行う各種行事における様々な事故に対する備えとしての補償です。
 加入対象は、守山市社会福祉協議会およびその構成員・会員である団体・グループです。
 活動対象は、地域福祉活動やボランティア活動の一環として行う各種行事です。詳しくは、社会福祉協議会にお問い合せください。
 

守山市いきがい活動ポイント事業について

守山市いきがい活動ポイント事業について
 
守山市いきがい活動ポイント事業への参加者および対象施設の事業所を募集します。
市では、すこやかまちづくり行動プランに基づき、65歳以上の方の介護予防と生きがいづくりのために、「いきがい活動ポイント事業」を6月から開始して います。この事業は、介護施設、障害者施設及び保育園等で、いきがい活動として、ボランティア活動を行っていただいた場合、その活動に対しポイント(1時 間のボランティア活動で25ポイント)を付与し、貯めていただいたポイントを市内の商店等の商品券や公共施設の利用券に交換または公共施設や自治会等に寄 付していただける事業です。ボランティアをやってみよう、または既にボランティア活動を実施されている方などでこの事業への参加希望者を募集いたします。 また、いきがい活動の対象施設として、ボランティアの受け入れに協力いただける事業所を併せて募集いたします。
 

お話し相手ボランティア養成講座について

お話し相手ボランティア養成講座について
 
平成29年度 養成連続講座を開講しました
 平成27年度から毎年実施していますお話し相手ボランティア養成連続講座を今年も開催しています。去る5月12日(金)に開講式、オリエンテーションおよび第1講の講義を実施いたしました。
第1講は、「バリデーション~認知症とともに生きるお年寄りから学ぶこと~」と題して、講師に関西福祉科学大学の教授 都村尚子さんをお迎えして開催いたしました。
 今年は、定員30人のところ25人が受講され、初日は認知症高齢者に寄り添い、非言語的コミュニケーションを通して感情を理解することが大切というお話しに皆さん感動されたご様子でした。
 受講生の皆さんは、毎週金曜日あと3回の講義を受講され、希望される方はお話し相手ボランティアにご登録いただき、今年秋頃から本格的に活動されることとなります。
 
 
平成28年度の養成連続講座が終了しました
 6月1日、15日、29日のいずれも水曜日の午後2時から2時間、コミュニティ防災センターで開講しました。講師には、兵庫県高砂市にある(社)母子生活支援施設 そねホーム理事長の川本俊永さんをお招きし、「聴く(1日目)」「話す(2日目)」「演習(3日目)」をテーマに、身近な話題をとりいれながら楽しく講義をされ、受講者の皆さんは熱心に耳を傾けておられました。
 受講者の中で、活動を希望された方は、7月12日(火)にボランティアの先輩たちと意見交換して、活動への不安を解消されました。
 今年度、新たに8人の方がお話し相手ボランティア「やすらぎ」に入会されました。皆さんは、これから高齢者施設を3回訪問し、先輩会員と一緒に活動を経験され、その後は市内の高齢者宅や高齢者施設で本格的にボランティア活動をしていただく予定です。
 
平成30年度の養成連続講座が終了しました
 5月11日(金)、18日(金)の午後1時30分から、および25日(金)の午前9時30分から2時間、コミュニティ防災センターで開講しました。講師には、社会福祉法人平成会 西長洲荘の主任介護支援専門員の粟野真造さんをお招きし、「聴く(1日目)」「話す(2日目)」「コミュニケーション(3日目)」をテーマに、身近な話題をとりいれながら楽しく講義をされ、受講者の皆さんは熱心に耳を傾けておられました。
 特に、今年度は、第3講で隣接します石田デイサービスセンターに出向き、実際に利用者であります高齢者の傾聴を経験していただきました。参加者の皆さんははじめのうちは戸惑っておられる姿も見られましたが、次第に積極的に高齢者に声をかけられ、最後の振り返り会では高齢者の皆さまから吸収することが多かったと感想をお話しされていました。
 修了者8人の方には、修了証書がボランティアセンター所長から手渡され、お話し相手ボランティア「やすらぎ」への入会についてご検討をいただいています。
 

回想法ボランティアボランティア養成講座について

回想法ボランティアボランティア養成講座について
 
回想法ボランティア養成講座 11名修了
去る9月22日(金)、29日(金)、すこやかセンター講習室において、回想法ボランティア養成講座を開催し、11名の方が受講されました。
第1講では、龍谷大学社会学部教授 西川淑子さんから「認知症の正しい理解と回想法とは」の講演をお聞きし、その後グループに分かれ、回想法ボランティア“いきいき”の皆さまの指導で回想法を体験されました。
第2講では、回想法ボランティア“いきいき”の松村太平さんから回想法の進め方をお聞きし、洗濯板など昔の生活道具を手にして回想法を実践していただきました。
 
回想法ボランティア“いきいき”は、高齢化社会で多くの方々に、おしゃべりで遠い昔の記憶を呼び戻し、脳の活性化を図って多くの方の健康寿命を伸ばそうと、あまが池プラザをはじめ、自治会のサロンや敬老会などで活動されており、今回修了された11名の方々も、今後回想法ボランティア“いきいき”に入会していただき活動していただきます。
 
 

災害ボランティア講習会

災害ボランティア講習会
 

お話し相手ボランティア

お話し相手ボランティア
フォーム
 
恒例の班別懇談会を開催しました
2016-11-15
 10月中旬より、平成28年度のお話し相手ボランティア「やすらぎ」を5学区に分けた班別懇談会を順次開催しました。
 年1回の懇談会のためボランティア同士が初対面の方もあり、各班とも新鮮な雰囲気と和やかさがあふれていました。今後の方針について話合い、その後の交流会でも、悩みや疑問など、日頃感じてきたことなどの率直な意見を出し合い、同じ活動をする仲間であることを共有して、「参加してよかった」という思いを持ち帰ってくださったようでした。
 
 
「やすらぎ」会員研修が開催されました。
2016-05-20
 5月13日(金)コミュニティ-防災センター研修室で、お話し相手ボランティア「やすらぎ」の研修が行われ、関西福祉科学大学の都村尚子教授より「バリデーション~認知症高齢者とのコミュニケーション~」のお話を聞きました。
バリデーションは、認知症のお年寄りの感情に寄り添い、その方の価値や意味を受け止めることのできる、非言語コミュニケーションの驚きの手法で、参加者の誰もが、大変感銘を受けていました
 

守山市ボランティア連絡協議会 活動報告

守山市ボランティア連絡協議会 活動報告
フォーム
 
平成28年度 会員研修
2016-09-21
  7月14日(木)、防災をテーマに会員研修を行いました。1月に開館した滋賀県危機管理センターを見学し、地震のメカニズムや発生予測、生活防災の心掛けの話を聞き、防災意識を高めました。その後、和やかにシジミご膳を味わった後、午後からは、アクア琵琶にて、琵琶湖の水害の歴史や砂防技術の歴史を学び、最後に漬物工場で工程を見学して漬物を味わい、盛りだくさんで充実した見学会となりました。
 
平成28年度 総会開催
2016-04-14
 4月7日(木)、エルセンターにおいて、平成28年度守山市ボランティア連絡協議会総会が、登録24団体84名の参加を得て開催され、会長の挨拶に始まり、平成27年度事業会計報告から、新役員と28年度事業計画・予算が次々承認されました。また、総会後には、ボランティアセンター西野所長による「ボランティアに思うこと」というテーマの講演会が行われ、引き続いての交流会では、太極拳と手話サークルの発表もあり、和んだひとときを過ごし、新年度の思い新たなスタートの一日となりました。
 

シニアボランティアのための交通安全教室

シニアボランティアのための交通安全教室
フォーム
 
自動車編(平成29年9月5日)
2017-09-05
 9月5日(火)、コミュニティ防災センターにおきまして、昨年に続いて2回目のシニアボランティア交通安全教室を開催しました。日頃、ボランティア活動に主に自動車で移動されているシニアボランティアを中心に18名が参加し、高齢者の不注意による事故防止をめざした交通安全教室を受講されました。
 参加者は2班に分かれ、研修室では、守山警察署交通課小山様から交通事故の実態と交通事故を減らすためのお話をお聞きし、また屋外では、滋賀県警の「近江ふれあい号」の中で適性検査・動体認知診断・視野診断などを実施し、運転の基礎能力評価を得ることができました。安全運転の技能だけでなく、危険予知への意識や対策の注意喚起について、参加者にとって貴重な体験となりました。
 
自転車編(平成28年9月7日)
2016-09-21

   9月7日(水)に、コミュニティ防災センターでボランティアの自転車による交通事故を防止するための交通安全教室を開催しました。いきがい活動ポイントのボランティアを中心に31名の参加があり、講習では、車両である自転車の交通ルールやマナーをはじめ、平成28年2月に努力義務となったヘルメット着用や10月より義務となる自転車保険の話を聞き、実習では、自転車の整備のポイントと正しい自転車の乗り方を学びました。事故防止は年代にかかわらず皆で徹底していかなければと改めて思います。

 

いきいき広場の終了のお知らせ

いきいき広場の終了のお知らせ
 

心の悩み聴かせてホットラインの終了のお知らせ

心の悩み聴かせてホットラインの終了のお知らせ
 

福祉車両

福祉車両
 
車イスのまま乗れる車をお貸しします
車イスを使用される方に、楽しく元気に生活していただけるよう車イス車両(軽自動車)を貸し出します。
これまで車イスでは難しいと諦めたり我慢されていた遠出に、ご家族やご友人など大切な方とご一緒にお出掛けされてはいかがですか。
もちろんご自宅から病院や福祉施設への送迎にもご利用いただけます。
運転者は、ご家族、友人どなたでも構いません。
4日間まで使っていただくことができます。
県内ならどこまででも可能です。たとえば琵琶湖一周もできます。
料金は無料です。ただし、ガソリンを満タンにしてお返しください。
 
詳しくは、ボランティアセンターまでお問い合わせください。
 

いきいき活動応援講座について

いきいき活動応援講座について
qrcode.png
http://moriyama-shakyo.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
079529
<<社会福祉法人 守山市社会福祉協議会>> 〒524-0013 滋賀県守山市下之郷三丁目2番5号(すこやかセンター2F) TEL:077-583-2923 FAX:077-582-1615