社会福祉法人 守山市社会福祉協議会のホームページへようこそ!!

Google

WWW を検索
moriyama-shakyo.or.jp を検索

 

守山市共同募金委員会

 

赤い羽根共同募金について

赤い羽根共同募金について
 
 
地域の福祉活動を支援するための募金です
 
 共同募金は、災害の発生など特別の場合を除き、募金をした地域(都道府県)の地域福祉活動を支援するために使われます。
 守山市で集まった募金は、滋賀県内の広域的な事業に使われる分を除き、およそ7割が、守山市内の社会福祉事業や活動のために使われています。
   
共同募金のシンボル=「赤い羽根」
 
 「赤い羽根」は共同募金運動のシンボルです。アメリカが水鳥の羽根を
赤く染めて使っていたことをヒントに、「赤い羽根」を共同募金のシンボ
ルとして取り入れました。現在も、共同募金は「赤い羽根募金」の愛称で
多くの皆さまに親しまれています。
 
 

共同募金って?

共同募金って?
 
 
地域の福祉活動を支援するための募金です
 
  共同募金は、災害の発生など特別の場合を除き、募金をした地域(都道府県)の地域福祉活動
 を支援するために使われます。
  守山市で集まった募金は、滋賀県内の広域的な事業に使われる分を除き、およそ7割が、
 守山市内の社会福祉事業や活動のために使われています。
 
 
共同募金と赤い羽根
 
  共同募金は、1947(昭和22)年に生まれ、70年以上の歴史があります。
  「赤い羽根募金」は共同募金の愛称です。「赤い羽根」は、第2回目の1948(昭和23)年から、
 募金の印として使われて以降現在まで、共同募金のシンボルとして定着しています。
 
 
共同募金は、10月1日から翌年3月31日まで
  
  共同募金は、10月1日から翌年3月31日まで全国一斉に行われ、期間は厚生労働大臣の告示に
 よって決められています。歳末たすけあい募金やテーマ募金も共同募金の一環です。
 
共同募金は、計画募金
 
  共同募金は、事前に市内の福祉活動を推進している学区社会協議会や自治会、
 福祉団体からの助成申請を受け、あらかじめ使いみちの計画(助成計画)と
 その計画の実施に必要な募金の目標額を決めてから募金を行う「計画募金」です。
 
  助成の計画や募金運動の計画を立案するのは、守山市では、守山市共同募金
 委員会で、住民の代表等からなる運営委員会で協議、決定されます。
 
 
 

子どもの育ち応援募金

子どもの育ち応援募金
 
募集期間: 1月1日~3月31日まで
目 標 額 : 500,000円/年
 
 いつも赤い羽根共同募金にご協力いただきありがとうございます。守山市共同募金委員会では、赤い羽根共同募金を10月から12月に実施し、1月から3月までを地域の課題解決のための募金としてテーマを決めた課題解決型募金に取り組んでいます。今年度からは課題解決型募金として子どもの福祉課題の解決を目指した『子どもの育ち応援募金』を実施いたします。
 子ども食堂の運営ボランティアや学校安全ボランティア、学習支援ボランティア、地域の子育てサロン運営など地域で子どもの育ちを支援する活動に取り組まれている人や団体を応援することを目的としています。
 市内全域に本運動推進のため、ご協力いただきますようお願い申しあげます。
 
 専用募金箱、チラシ、ポスターをご用意しております。
 自治会・職場等で設置協力いただける場合は、お届けさせていただきます。
 守山市社会福祉協議会までご連絡をお待ちしております。
qrcode.png
http://moriyama-shakyo.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
136802
<<社会福祉法人 守山市社会福祉協議会>> 〒524-0013 滋賀県守山市下之郷三丁目2番5号(すこやかセンター2F) TEL:077-583-2923 FAX:077-582-1615