社会福祉法人 守山市社会福祉協議会のホームページへようこそ!!

Google

WWW を検索
moriyama-shakyo.or.jp を検索

 
             
 

みんなが主役 つながる 支えあう 福祉のまちづくり

みんなが主役 つながる 支えあう 福祉のまちづくり
 

社協ほっと♡ホット福祉大賞2021

社協ほっと♡ホット福祉大賞2021
 
社協ほっと♡ホット福祉大賞2021 作品募集開始!!
 
本年度3回目となる社協ほっと♡ホット福祉大賞は、この事業を通じて、社協に親しみを持っていただくと共に、地域福祉活動への参加のきっかけづくりとなる事を目的とします。
 
 また作品の表彰・展示を通して、作品に触れられた皆さまが日常の大切さに気づき、思わずホッとしたり、そこから生まれる笑顔や共感が広がり、さらには住民同士のつながりや支えあいの推進となる事を目的に、今年も写真と川柳の作品を募集します。
 
 何気ない日常から生まれたお子さんの唯一無二のショットや、お孫さんと出かけて散歩途中に思わずホッコリして浮かんだあの一句など、
 
「あなたにとってのほっと(ホット)な作品」
 
をふるってご応募ください。
 
応募フォームは下のQRコードから
 

活動レポート

活動レポート
フォーム
 
滋賀県共同募金の助成を受け、イベント機器を購入しました
2019-03-22
 
第3回広報づくり研修会を開催!
2018-07-30
 平成30年7月30日(月)すこやかセンター3階講習室で、「住民に分かりやすい福祉活動のPR」を目的に連続講座を開催し、各学区社協の広報紙担当者等、総勢36名が参加しました。
 今回は「記者に学ぶ上手な写真の撮り方」と題して、講師に京都新聞社編集局新聞部 部長代理 坂本 佳文氏をお招きしました。研修会では、基礎知識だけでなく、読者を惹きつける写真の撮り方をご助言いただき、大変楽しく開催いただきました。
 今後は、学区社協や自治会等、それぞれの広報紙の作成で、これまで学んできたことを活かし、福利活動の理解につながればと願っています。
 今年度の広報づくりに関する講座を受講くださり、誠にありがとうございました!!
 
第2回広報づくり研修会を開催!
2018-06-20
 平成30年6月20日(水)すこやかセンター3階講習室で、「住民に分かりやすい福祉活動のPR」を目的に連続講座を開催し、各学区社協の広報紙担当者等、総勢37名が参加しました。
 今回は「魅力ある広報誌づくり~入門編~」と題して、講師に毎日新聞社代表室 次長 鳴神大平氏をお招きしました。研修会では、広報誌の作成に関するポイントや基本的なルールをご助言いただくだけでなく、新聞に関するクイズを交えながら、楽しく実施いただきました。特に鳴神氏より「一面で読者をひきつける」ことの重要性とそのために様々な工夫が必要なことを力説くださり、大変有意義な時間となりました。
 次回は、7月30日(月) 午後1時30分~ すこやかセンター3階講習室 で、最終回の「記者に学ぶ上手な写真の撮り方」をテーマに開催します。
 当日参加も受付けておりますので、ぜひともご参加お待ちしております!!
 

コロナ禍における守山市社協の取り組み

コロナ禍における守山市社協の取り組み
  • ひとり暮らし高齢者マスク配付
  • 各自治会の子育てサロン
ひとり暮らし高齢者マスク配付
各自治会の子育てサロン
 

救急医療情報キットの設置をすすめます!

救急医療情報キットの設置をすすめます!
 
こんな時に使います…
命のバトン」は、急病や災害などの時、救急隊員が適切な対応を速やかにとることができるように設置するものです。筒の中には黄色の医療情報シートの他、保険証の写しやいつも飲んでいるお薬が分かるように、お薬手帳の写しなどを入れ、冷蔵庫の中で保管します。
暮らしの安心メモ」は、日常の暮らしの中でもしもの時にご本人さんが活用いただくものです。話口などにかけてご利用ください。
 
配布の対象は、民生委員児童委員が日頃見守りを行っている、65歳以上のお一人暮らしの方です。平成26年7月より担当の民生委員がご家庭を訪問して設置の呼びかけをしていますので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
 
qrcode.png
http://moriyama-shakyo.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
136802
<<社会福祉法人 守山市社会福祉協議会>> 〒524-0013 滋賀県守山市下之郷三丁目2番5号(すこやかセンター2F) TEL:077-583-2923 FAX:077-582-1615